気ままにメセン~リトープスの栽培日記~

多肉植物・リトープスの栽培を始めました。栽培中の記録日記です!

リトープス、品種によって脱皮の進行の仕方が違うみたいです!

こんにちは、なかなか記事の公開ができずにすみません。

 

私は大阪東部に住んでいるのですが、寒の戻りでここ数日寒さが戻ってきました。脱皮の進行状態に変化がないので、ブログの記事は書かないでいました。

 

街中の桜はきれいに花が咲いていて、春という雰囲気ですね!

 

本日、確認したらどうも品種によって脱皮の状態が違うようなので、少し写真をアップします。

 

それと、ホームセンターで購入した時から徒長していたリトープスですが、脱皮を少し開始したようです。ちょっとホッとしましたね!

 

現在(2019.4.3)の様子

f:id:masayan_kurashi:20190403172949j:plain

 

まずは日輪玉です。

旧葉の開き具合は開いていらあまり変化はありません。風の影響で新葉には少し砂がかかっています。

 

f:id:masayan_kurashi:20190403173120j:plain

 

写真ではわかりずらいですが、株のトップが皺が増えてきました。

左側が裂けていて、痛そうです(>_<)

このまま、旧葉の水分がなくなり、枯れているのかもわかりませんね!

 

 

f:id:masayan_kurashi:20190403173456j:plain

白花黄紫勲(アルビニカ)です。

初めは脱皮が遅かったですが、今は旧葉が一番開いています。トップだけでなく、側面も開いてきました。

 

 

f:id:masayan_kurashi:20190403173817j:plain

 

紫勲玉ですね

開きは少しずつですが、側面、トップも皺だらけです。

 

f:id:masayan_kurashi:20190403174040j:plain

 

本当にシワシワですね!

分頭しているので、旧葉から新葉への水分の移行が速いのかもわかりません。あまり詳しくないので想像ですが…

 

 

 

f:id:masayan_kurashi:20190403174259j:plain

 

徒長している、MIX種のリトープスです。

少し、新葉が奥に見えてきました。この分厚い旧葉は本当に新葉に水分が移行するのでしょうかね?

 

 

このように、色々な品種を見ると、それぞれ違います。

徒長している品種は別として、日輪玉はこのまま旧葉が枯れそうだし、白花黄紫勲は二つに旧葉が割れて新葉が完全に見えそうですね

 

分頭している紫勲玉は枯れながら開きそうです。前の記事でお伝えした通り、今週から底面潅水です。脱皮中は断水しましょうと言われていますが、今のところ断水せずとも二重脱皮の心配はなさそうです。

 

でも、少し潅水の量は控えめにはしていますが…

 

まだ先ですが、秋にリトープスの種を買って、実生栽培にチャレンジしようと思ってます。今は情報収集しています。

 

では、また何かあれば記事を公開しますね!